So-net無料ブログ作成
検索選択
転居記録 ブログトップ

介護未満で家を考える2~リフォーム業者を選ぶ [転居記録]

無事(?)新居を購入できました。

どの辺が無事じゃなかったかと言うと、ある日法律事務所からの書留が送られてきた不在連絡票が入っていてめちゃくちゃ驚いた。
え?!なにこれ、なんか私悪いことしたかしら・・・
結局、登記簿謄本などだったんですけれど、、、話は聞いていたはずなのになぜか忘れていて、めちゃくちゃ驚きましたww

まあ、そんなこんなで次はリフォームです。
年配の男性が住んでいたということで、台所などはほとんど使用された形跡がなく、比較的きれいに住んでいるお部屋でしたが、経年劣化で多少汚れたり継ぎ目が開いたりしている壁紙などを直すことにしました。

まずは、紹介サイトで、一括見積もり依頼をしてみたらA社・B社の2社から返答がありましたので、ここに来てもらいました。後は以前我が家が漏水で工事をしてもらったりしたC社と、近所のショッピングモールにいた営業さんがいい感じの人だったD会社、これで終わりのつもりでしたが、近所にホームセンターが出来たので、オープニング特価を期待してそこのリフォーム部門ということでE社にも見積もりに来てもらいました。結局全部で5社。多く見積もりをしてもらったので調整が大変でしたww


A社:年配の営業さんが来ました。多分元は職人さんなんでしょうか。あまり営業らしくないぼそぼそしたしゃべり方、これは出来ない、あれはないのか、と注文が多かったです。部屋の図面を用意しておくように言われたので準備していたのに、薄くて見えないと文句を言ってさらに見積もりが出来る予定なども説明せずに帰ってしまい、当日の朝かけてきて今から行きたいと言って持ってきました。最初から残念ながらお断りするつもりという対応でした。

B社:支店長さんと言う人が見えました。お話が上手で準備していた図面を見ると、「これがあれば高さだけ測れば終わりますね」と言ってくれたので、準備していてよかったと思いました。
フローリング工事は大変だけど、上に板を貼るだけのものもあるので汚れたら検討するのもいいと思うなど、いろんな情報を教えてくれました。また、数日後に見積もりを持っていく日を連絡してくれて田ので安心できました。
ただ希望と違うものを見積もりに入れていたのですが、そのことについての説明がなかったり、値段的には割と高いかなと感じました。

C社:以前お付き合いがある業者でしたが、新しい店舗が出来たと言うことで、支店が違うお店から営業さんがきました。若い営業さんと比較的年が上の人と2人できたのはこの業者だけでした。見積もりを来週には持ってくるので、と最初に言ってくれ、結果的には3番目に来たのに見積もりを1番に持ってきてくれました。また、希望していたハウスクリーニングはちょっと高いけど新品みたいになるようなものをチョイスしていてこちらの希望を最大限考えてくれていると思いました。
私はこの業者がいいかなと思っていたのですが、最終的には値段重視で別の会社になってしまいました。お断りするときも「差支えなかったら、今回の理由を教えていただけますか?」と言われて心苦しかったです。

D社:営業さんは人当たりのいい感じの人で、地元の業者と言うことで期待していたので、唯一現調に主人が立ち会った業者だったので期待していましたが、待てど暮らせど見積もりを持ってきません。急いでいると言っていたのですが、結局こちらから電話して、それから数日後やっと持ってきました。しかも希望していた内容がいくつか抜けている見積もりと言うことで、話しになりませんでした。やはりきちんと連絡をしてくれるところ、急ぎと言っているのでできる限り対応してくれるところ、そして頼んだことを忘れないと言うのは、最低限だと思います。

E社:結局この業者にしました。オープニング特価と言うわけでもなく、まあ普通な感じだったのですが、ホームセンターのリフォームはホームセンターでしか扱えないものを使ってもらうことができると言うことで、比較すると一番安価になったのです。また、今回はいま住んでいる部屋をリフォームして貸す予定なので、次を考えても安価にできる業者を選ぶ方がいいという結論になりました。

今回希望している中で一番ネックになったのは洗面台です。

最近こういうの増えてます

洗面.jpg

壁から水栓がでていたり、洗面台自体が斜めになっているもの。
水がたまらず便利な感じがします。

洗面1.jpg

そしてほぼ100%がこのようなシャワー水栓です。
朝シャンもできる、お掃除の時も楽々と、便利な感じがしますが

実はこのホース部分、耐久年数が10年程度って知ってますか?
10年くらいすると経年劣化で漏水する可能性が。
でも、この壁からや、斜めなところについている水栓、特殊なために、水栓だけを交換できないんです。
しかも10年すると、メーカーに部品がないこともあり、修理はメーカーでしかやってくれないので修理代も高い!。

そんなわけで今回は


ここが平らになる洗面をチョイスしました。
シャワー水栓なのは我慢するとして、次回は通常の水栓を選べるように

便利なのはうれしいですが、メンテナンスも考えたものにしたいと思います。

そして、今回は頼んでいた中から、ハウスクリーニングと畳かえは外しました。
ハウスクリーニング業者に直接頼んだ方が安そうなので。
畳替えは、なんとホームセンターのオープニングセールで3割引きだったのでこっちで頼んじゃいました。

リフォームも一社に頼むだけではなくて、いろいろ検討するの大事だなと思いました。

でも、でも!

大変です(^^;;;

介護未満で家を考える1~新居探しのポイント~ [転居記録]

突然ですが引っ越すことになりました。

うちは、両方の実家から車で5分以内と言う条件で15年。その時の選択としては悪くなかったと思うのですが、15年もするといろいろ変わってきます。
車で5分の距離が遠く感じるようになってきました。

そんなわけで、同じマンションに部屋を探すことに。
幸いと言うか偶然と言うか、あきべやがあったので早速検討することにしました。

まず第一に、その部屋の前まで行ってみました。
やっぱり同じマンション内というのは便利ですね。
お正月には食材やおせち料理、飲み物やお菓子などを積み込んで何往復もして荷物を運んだのですが、
同じマンションなら雨にも風にも雪にも影響されることなく、カートにのせればらくらくです。

また、たまたま同じ階ではなかったというのも、気にいっています。
まだ、介護未満の母と娘である私の関係は、適度に離れていた方が都合がいいはず。

なかなか良い感触だったので、不動産会社に連絡してみました。

次は内覧です。
内覧の時は、いろいろみたいと思いつつも、家具もなく具体的なことを検討していない状態なので、十分に見るのはなかなか難しいですね。
でも、やっぱり第一印象は大切だと思います。
中古物件の場合、リフォームやクリーニングをしているかで、ずいぶん見た目が違いますが、
それを差っ引いても間取りの使いやすさなどを考えて第一印象が気にいるかどうかが決め手になりました。
ただ、あとから考えてみれば、中古物件の売買の場合、個人間の売買になることが多いようで、この内覧の時に、処分品についての検討をしておくとよかったと思います。
特にエアコンがついているから使えるだけ使おうかなと思いますが、リフォームを入れるのであれば取り外してもらった方がいいです。脱着は結構お金がかかるのです。照明器具やカーテンなども処分してもらうこともできますが、これは入居ぎりぎりまでないと不便なことと、処分にさほどお金がかからないので、自分でしてもいいと思います。
同じ交換したいものとして考えられるのは給湯器とガスコンロですが、こういうもともと備え付けになっているものは、壊れていれば修理してもらうことはできますが交換は自分でしなければいけないようです。取り外しだけでもといったのですがそれはできないようですね。
交換したい場合は自分で取り外しとりつけをする必要があります。

さて、今回はたまたま年度末近い時期だったため、急いで契約すれば年度内に引っ越しできるかと思ったのですが、ここにも盲点があります。
まず、3月~4月は引っ越しの超ハイシーズンなのです。引っ越し業者によってはもう予約もできないと言うところも少なくありません。
さらに、リフォームも比較的ハイシーズンだと言うことを知りました。またリフォームは検討から実際に着工、終了まで2カ月程度はかかりますので、そのつもりで前の家を早々と処分しないように注意が必要です。

ですから、実際に引っ越しを考え始めた時にするのは、絶対断捨離です。

P1010693.JPG

子ども服などはメルカリに出したり、

P1010717s.jpg

子どもの作品は、写真を撮って処分したりして、荷物を減らす努力をする時期。
気分が盛り上がっているので、断捨離も比較的進みますよ。

さて、内覧して、購入したいと思っていた場合、やはり価格が問題になると思います。
数人が仮押さえをしようとしている物件の場合、値引きをしてくれないこともありますが、
今誰も買いたいと言う人はありませんよ、と先に教えてくれる不動産屋さんは少ないでしょう。
私の場合、雑談に交えて、介護未満の状態での引っ越しを検討しているということを伝えたりしました。
効果があるかどうかはわかりませんが、不動産屋さんや売主さんとしては、どのくらい本気で買う気があるか、本当に買ってくれるなら少し安くしてもいいかなと思っていることもあるでしょう。
値引き交渉は、ダメもとでやっておきましょう。少しでも安くなればラッキーですもんね

転居記録 ブログトップ