So-net無料ブログ作成

4年生の心の成長 [子育て]

今年小学4年生になったチビ。

年の離れた末っ子で、もうれつな甘えん坊なのですが、外ではしっかり者で通っているようです。

学校でも新任の先生のサポート役を頼まれるのがうれしくて仕方がない様子です。

授業参観でも、家庭訪問でも「頼りにしているよ」って言われるのが、彼の誇りなようです。


そんなことを言っても4年生。

そろそろいろいろやらかす時期でして。


先日は親のサインを偽造すると言う事件がありました。

朝まで覚えていて、出してね~と言っていたのに、最後確認するのを忘れて、

サインをせずに持たせてしまったプールカードを自分で書いてプールに入ったんです。


夕方になって

私:「今日プール楽しかった?」

息子:「うん!たのしかったよ!」

私:「そう言えば、お母さんプールカード書いたっけ?」

息子:「う、、うーん。だいじょうぶ(ぎくっ)」

でも、片付けながら話をしていた私は、チビのぎくっというのを見落としてしまいました。


しばらく時間が過ぎて、今度はご飯の支度をしている私に、もじもじと何か言いたげなチビ。

私:「なに?どうしたの~?」

息子:「(ぎく)えっと、うんと…」

こんどのぎくっは見落としませんでした。


息子:「本当はプールカード自分で書いちゃったの」

と言って見せたのは、自分で書いたサインを消そうと、こすってみたり紙を貼ってみたりした無残な跡


本人は一生懸命だったんだろうなと思いつつ。


私:「これで何とかなると思ったの?」

息子:「思わない」

私:「なんでこんなことになっちゃったの」

息子:「僕がプールカード書いちゃったから、やめておけばよかった」


と号泣。


そして


僕、先生に謝る


といいます。

つい、気づいてないならいいんじゃない?とか思ったりしましたが、
せっかく本人が謝ると言うのだから、頑張っていらっしゃい、と言って次の日送りだしました。


帰ってきてから聞いてみると。

「先生がね、そんなにしょげなくてもいいよ。言ってくれただけでとっても偉かったよ」

っていってほめてくれたんだと、にこにこでした。

やっぱり本人の言うと売り、先生にも正直に話してよかったと、ほっとしました。


P1010866s.jpg



そして、またある日。

サッカーの練習試合がありました。

電車だけで1時間半、徒歩を入れると2時間近くかかる場所なのですが、

チビのサッカークラブは、サッカーのことでガミガミ言ったりするようなことはないのですが、

自立心を養うと言うことで、4年生からはほぼ自分で試合会場まで行かなければ行けないんです。


予報で雨マークが出ていたのですが、試合は決行、電車を乗り継いで会場まで向かいます。

1試合やっただけで、土砂降りのため試合は中止。

また2時間の移動が始まります。

しかも、傘がなかったチビがコンビニで傘を買っている間に置いていかれてしまったそうで

1人で帰ってきました。


知らない場所、ずぶぬれの体、長時間の電車、冷房は寒い

大人でも悲しくなってしまいそうなシュチュエーションの中で

頑張って帰ってきました♪


もうひとつはちょっと前の話し。

3年生の終わりに、クラスでお楽しみ会をすることになって、僕たちは劇をしようと思うんだといいます。

でも、小学生のことですから、「劇やろうかな」「やっぱりやめた~」

といった調子で、人数も定まらず、準備もギリギリまで何にもできていない状態でした。


「おかあさん、間に合いそうにないんだけど」

と相談してきたのはすでにお楽しみ会の2日前。決まっているのは『ももたろう』をやろうと思っていると言うことだけ

それから、チビの話を聞きながら、予定している人数でできる台本を作成…これはほぼ私一人でやった感じです。

次の日は、役のお面作りです。

ネットでよさそうな絵を探し、印刷したのをもとに、チビが段ボールに直に下書きw

そして、段ボールをきって、絵具で着色します。

時間がありませんから、もうほぼチューブから直接筆につけて色をつけていきました。


12時近くまでやったところで、乾かないとこれ以上出来ないところになったので、

後は任せて寝なさいといって、チビを寝かして、

夜なべして完成したのはこんな感じ


P1010862s.jpg

おじいさんとおばあさん


P1010865s.jpg

犬と鬼


P1010864s.jpg

さるときじ


後ろに厚紙をくっつけて、ゴムを取り付けて、頭にかぶれるようにしました。

当日は、人数分の台本を印刷して持たせ、ぶっつけ本番の劇になりました。

これを1人で準備したの?って先生が驚いていたよ」

と得意げでしたが、これけっこう、大変でしたよ(^^;


甘えん坊のチビですが、心の成長が感じられることが増えてきました。